説得力に欠ける夢のコラボ


とある春先。近所の郵便局で発見。軽く衝撃を受ける。キティちゃんは、、、、にんげんじゃない!

祝、トップバナーの巻


ミンネさんからバナーに使いますっていう連絡があったので見てみたら、トップバナーに使ってくれていた!わーい☆彡 ちなみにこちらのエウレカは極夜をイメージしたPolar Night(ポーラーナイト)。新しい色のイメージって考え出すのが難しいけどこれは気に入っている。

ミンネさんのハンドメイドマーケット



ミンネさんのハンドメイドマーケットに出展します!もとい、出展しました!! 相変わらずビックサイトには三角形がたくさんあって三角マニアの私は終始心がくすぐられっぱなしでした。残念ながら今回も地下に広がるジオフロントへの入り口は発見できませんでしたが、地上には私の好きなフジが咲いていて天国かと思いました。ちなみに今回はフジの季節に合わせてフジ色のネクタイを限定販売しました。ミンネさんに出店をはじめて半年ほど経ちましたが、同時期に始めたほかのハンドクラフトサイトに比べて圧倒的に反応がいいです。相性もあるのでしょうけれどきっと運営の方々が工夫をされているのですね。ありがたいことです。ふじ色のネクタイは引き続きミンネさんで限定販売します!!お越し頂いた皆様方ありがとうございました!!

マシュマロの木



先の世界大戦の一因とも噂されるようにマシュマロの利権というものは強大なもので、かつてはマシュマロの木を制する者は一国を制するとさえ言われました。1965年に締結された国際マシュマロ条約により、マシュマロの原木の移動は厳しく制限されて現在に至ります。そのような理由から本物のマシュマロが流通する市場はごくごく限られており、残念ながら世界各地で入手できる物の99%以上は菓子の材料からまねて作ったいわゆる「人造マシュマロ」となっています。そのためにマシュマロの木の存在自体を知らない人も多いようです。こちらはなかなか目にする機会のないマシュマロの木の幼木になります。天然マシュマロの味は人造マシュマロで似た感じに再現されていますが、明らかに真似のできない上品な風味があります。

Extremely Rare Marshmallow Tree



Production of marshmallow has always been used by a power play in politics. It's even said that a man who conquers marshmallow trees would consequently conquers a country. In 1965, international marshmallow treaty was concluded among major marshmallow producing countries. Thereafter transfer of original marshmallow trees has been strictly prohibited. The treaty brought in some stability to the region. However, it also made this real marshmallow vanished from world market. To fulfill the demand for marshmallow, so-called "artificial marshmallow" was invented. It has grown to dominate the market ever since. That is very why some of you may even not know this very unique marshmallow trees exist. More than 99% of what you may think genuine marshmallow around the glove is actually "artificial marshmallow". Its taste is very closely represented by artificial ones, however its distinctive lovely flavor has never been quite successfully imitated.

うさぎ猫の正体が明らかに!

manx
近所に顔見知りの猫がいるのです。別段一緒に煮干しをかじる様な仲ではないのですが、その猫はたいそう変わっていてうさぎのように跳んで走るのです。ああ見えて実はうさぎなのかなぁ。けど耳は猫っぽいし。いろいろ謎でしたが、ネットで検索したらあっさり答えが見つかりました。この猫はイギリスのマン島出身のマンクスという種で間違いなさそうです。性格は物静かで賢く、引っ込み思案で二重あごらしいです。二重あごのマンクスはうさぎと仲良くなれるのでしょうか。気になります。ちなみに2月14日はもちろん煮干しの日ですがバレンタインデーでもあります。攻めの姿勢が素敵ですね。