手指汚染のトリアージ

IMG_20200428_161652.jpg
トリアージと聞くと医療措置の優先的割り振りを思い浮かべる人がほとんどだと思いますが、医療にかかわらず重要度やランクで選別することもトリアージといいます。今日は手指汚染のトリアージについて考えてみたいと思います。というのも先日ネットで買い物時に手袋をしてコロナ予防に努めるのは反対に危険だという記事を見かけたからです。私は非常事態宣言以前は訓練程度に各種手袋をテストしていましたが非常事態宣言以降は買い物時に必ず使い捨ての手袋を使っています。ついでに言うと使い捨てない手袋の開発も2種ほどして来ましたが(上図)、通常用途では使い捨て手袋に理があると考えています。読んだ記事の論点は確か手袋を過信してしまい手を洗わらなくなるから危険。手袋を捨てる時の正しい脱ぎ方を知らない人が多いから危険。などだったと思いますが要はきちんと要点を理解すればいいだけのことで、だから危険という非常に短絡した最近ありがちな煽り記事だったように感じました。ただ手袋に関しては少し思うところがありますので考えをまとめてみたいと思います。

そこで出てくるのが手指汚染のトリアージです。私は手指汚染の程度を大きく軽度と重度に分けて考えています。軽度というのは次亜塩素酸水で対処可能なほとんど油分を伴わない汚染になります。対する重度の汚染は油分を伴うもので界面活性剤やアルコールによるふき取りが必要な汚染になります。買い物かごなど不特定多数の人が触るものがこれに当たります。コロナ対策の上で私が考える手袋の役割とは買い物時などのちょっとした場面で手指が重度に汚染されないようにそして比較的簡単に消毒できる状態を保つことにあります。また、買い物時のケースでいえば右手と左手の役割を明確にしておくこともおすすめです。私の場合はレジかごなどの重度汚染の恐れのあるものは手袋をした左手で商品をピックアップしたり、財布を取りだしたり、汚染程度が低いものは素手の右手で対応しています。初めは間違えて素手でかごを持ってしまったりしますが、いちいち失敗を気にする必要はありません。そのうち無意識にできるようになるものです。ちなみに個人的にコロナ対策で必要に迫られ開発して使っているマスクの評判がなかなかいいので近日中に販売する予定です。今までにない完全にあなたの見たことのないマスクですのでお楽しみに。