19人のこびと対策

IMG_20200309_161422.jpg
コロナ対策に対するモチベーションが私はやや人と違うかもしれない。さながら実戦ではあるが私はこの機を訓練と捉えて利用している。武器として私は高濃度次亜塩素酸水を選んだ。その理由の1%はネット情報で99%は勘による。武器は何であれ決めておいた方がいいだろう。安心感が違う。2月のはじめに実践を始めてから1か月ちょい経った。はじめは整合性が取れずに戸惑うことが多かった。ここは消毒しているのにここを消毒していなかったら意味がないとかで、未だつじつまが合わないことはある。しかしながら試行錯誤工夫して効率よく動けるようになってくる。どんな部屋でも入ってすぐにどこを消毒するかとかが慣れてくる。(もちろん許可を得て)スプレー本体をどこに置くかなど自分の決まりごとがわかってくる。一泊程度の短期外出であれば自分の場合はおよそ250ml・250ppmの次亜塩素酸水を要する。そのうち自分なりの防具も誕生して進化してくる。目には見えないけれど、今はもうそこかしこに19人のこびとがうろちょろしているのかもしれない。私も自分の肺胞には人並みに愛着があって司令塔としては無為に彼らを危険にさらすわけにはいかない。危機感が他人のコピペだと状況が深刻であるときには生き残れない。