copyrightの守り方とその証明手段


現在においてcopyrightの守り方はいろいろな方法が考えられます。文化庁や各国のcopyright officeへの登録など昔ながらの方法もありますがここではYouTubeを使った簡単な方法を紹介します。尚、これは私が考える著作権の守り方およびその証明手段であって特に何らかの判例に基づくものではありません。

そもそもどうしてcopyrightを守る必要があるのかという話ですが、何か新しいものを作ると必ず後からまねをしてくる人がいるものです。悪質なケースになると彼らはあたかも自分がそれを先に作ったかのようにブログなどで日時をでっちあげて発表し、あなたの発明なりデザインなりを乗っ取ろうとしてきます。とても残念な話ですが確実にそういう人達がいるのですから、対策を考えないといけません。客観的に誰が本物で誰が偽者かを明確にしておく必要があるのです。幸いにして当然ながら、偽者は100%常に例外なく証明能力のある根拠を示すことができません。しかしもしそこであなた自身も自分の著作権を証明できなかったら、他人の作品に敬意を払えずに平気で盗作をするような人達とオリジナルの作者であるあなたが同等、あるいは逆にあなたが真似たと疑われる可能性すらあるのです。こうなるともううんざりしてしまうに違いありません。そこでそんな事態にならないように手軽にcopyrightを確立する方法を紹介します。

具体的にはあなたの作品をYouTube経由で公に出版することによってcopyrightを確保します。YouTubeでは後から公開日を改ざんすることができませんので、誰がいつ何を作ったかということがこれで証明できるのです。あなたのcopyrightが公開日も含めて誰の目にも明らかであれば、盗作被害の抑止になるのです。それでも真似をしてくる人も当然いますが、誰の目にも誰が誰の真似をしているのかが明らかですので偽者と完全に一線を画すことができますし、万が一実害をこうむった際は損害賠償請求権を発動することもできます。いずれにしても偽者には用意できない物的証拠を複数確保することでより確実にあなたのcopyrightを守ることができます。