君は離型剤を塗ったか?


英YouTuberが電子レンジに石膏を流し込み頭にかぶる → 取れなくなって救急要請 →「なぜ頭を電子レンジで固めたのか」と炎上などというニュースがありました。これを見て「バカだなー。」と思った人がほぼ全てだとは思いますが、中には「あっ私も!」という人もいたのではないでしょうか?

僕のケースは頭の型を取りたくてトラブりました。当時は4mm位の坊主頭だったので「頭の石膏型取りにはうってつけ」などと思い頭を石膏溶液に浸し帽子のごとく数センチの石膏の型を被る感じに作業していました。さてそろそろいいかと型を外そうとしたのですが、なかなか取れません。絵本の「おおきなかぶ」が頭をよぎったのを覚えています。ここにきて致命的なことに気が付いたのです。そういえば離型剤塗るの忘れたよね。。。忘れちゃったよね。けどまあ込み入った型じゃないしパカッと取れるのではなどと軽く考えたのが大間違いでした。短いとは言え髪の毛は石膏を完全に接着したかのように密着していてそれこそ接着技術のテクニック応用をしてしまったようなものでした。

そこから数時間に渡り風呂場で自分の頭にノミや金槌を振り下ろす狂気の姿がありました。。。

頭上の石膏が重いので体力的にもヘトヘトだし、かといって頭に圧迫感を受けたまま気分が悪く休むこともできない。それこそこの英国紳士の如く救急車も考えましたが、恥ずかしさとかその他諸々天秤にかけて本当にギリギリで何とかなりました。頭にケガをしないようにノミで石膏を削る様はまさに職人芸といえ、不必要なモノづくりの醍醐味を存分に堪能できました。もう二度と御免ですが。というわけで僕は事あるごとに「離型剤はちゃんと塗った?」と周りの人に伝え続けているのでした。多分年間地球上で一定数僕たちみたいな人がいて、その中で何人かは人知れず亡くなっている気がします。Amen

「皆さんくれぐれも気をつけましょうね!!」

ちなみにこの時僕は石膏と同時に髪の毛もさよならしちゃったので、しばらく人生初のスキンヘッドを強いられたのでした。とここで、一緒にリンクを張り付けようかと件の英国紳士の映像を初めて見たのですが、石膏というよりセメントっぽいですし、もうなんかいろいろ別次元でした。ちょっと同列で話したくなかったような。。。まあ、彼や僕の愚行から学んでくれる人がいれば幸いです。